最近の記事
07/21 箕面市長選挙にむけて(その2)
07/21 箕面市長選挙にむけて(その1)
03/25 箕面市の新年度(H28)予算
03/11 東日本大震災から5年
01/03 消防出初式2016
08/02 消防訓練大会〜消防団・上止々呂美分団の勇姿
07/26 箕面まつり2015
02/25 箕面市の新年度(H27)予算案
02/08 「大阪都構想:知っていてほしい7つの事実」をマジメに考える
02/05 ニュージーランド・ハット市を訪問
01/12 華やかに成人祭2015
01/03 消防出初式2015
08/31 箕面大瀧〜8年前の風評被害
07/28 箕面まつり&キャンドルロード2014
06/25 箕面市役所の公務員制度改革
06/19 住みよさランキング2014〜箕面市が3年連続で大阪1位!
03/31 決着〜北大阪急行線の延伸の事業化合意
03/27 箕面市の新年度(H26)予算
02/12 北大阪急行線の延伸〜2020年度の開業にむけて
01/03 消防出初式2014
過去ログ
2016年07月(2)
2016年03月(2)
2016年01月(1)
2015年08月(1)
2015年07月(1)
2015年02月(3)
2015年01月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(1)
2014年06月(2)
2014年03月(2)
2014年02月(1)
2014年01月(1)
2013年12月(3)
2013年08月(1)
2013年06月(1)
2013年03月(1)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年10月(2)
2012年09月(2)
2012年08月(3)
2012年07月(1)
2012年06月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(1)
2011年12月(2)
2011年11月(1)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(1)
2011年03月(1)
2011年01月(1)
2010年12月(1)
2010年11月(1)
2010年10月(4)
2010年09月(2)
2010年08月(4)
2010年07月(2)
2010年06月(3)
2010年05月(4)
2010年04月(7)
2010年03月(4)
2010年02月(5)
2010年01月(6)
2009年12月(7)
2009年11月(9)
2009年10月(12)
2009年09月(9)
2009年08月(12)
2009年07月(13)
2009年06月(12)
2009年05月(11)
2009年04月(9)
2009年03月(10)
2009年02月(6)
2009年01月(8)
2008年12月(9)
2008年11月(10)
2008年10月(14)
2008年09月(15)
2008年08月(9)
2008年07月(5)
2008年06月(5)
2008年05月(9)
2008年04月(13)
2008年03月(6)
プロフィールとか
>> Twitterはコチラ! <<

2008年04月29日

レンゲ祭り

20080429213027.jpg石丸のコミセン灯ろうの家の周辺で開かれたレンゲ祭りに行ってきました。近所なので、家族3人で歩いて参加。好天に恵まれたなか、かなりの人出で賑わっていました。
うちの子どもももうすぐ初節句なので、手づくりの柏餅が嬉しかったです。
今、うちでは箕面のお米を食べてるんですが、その美味しいこと。さすがは背に山を抱える箕面、山から直で流れ出る綺麗な水でつくられたお米です。

ところで、今朝はうちの子が初めてコロコロうんちを出しました(ちょっと汚くてすみません)。最近は離乳食をけっこう食べるようになってきたからですかね。もちろん、箕面のお米でつくったお粥です。
一日一日、体ができていく変化が目に見えて、なんだか不思議な感じ。

写真は、今日、別の会合(NPO)の席に飾られていたのをいただいた、手づくり鯉のぼり飾り+菖蒲。山の新緑とあわせて、季節感が嬉しいです。
posted by 倉田哲郎 at 21:35 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月28日

倉敷市長選挙のニュース

目にされた方も多いと思いますが、倉敷市長選挙のニュースが流れました。最年少の女性市長として当選した伊東香織さん(41)、実は、郵政省・総務省のよく知っている先輩です。
ちょうど私が箕面市役所に勤務していたのと同時期に、倉敷市役所に勤務していました。奇しくも、同じように地域に縁をもち、愛着をもち、同じ道にチャレンジすることになった身、なんとしても8月には後に続きたいと思います。

ときどき、国の役人がなんで地方の首長選に出るわけ?と言われることがあります。“落下傘”とか揶揄されることもあります。
ですが、市役所での仕事を何年も経験してしまうと、当然のことながら、地域を知り、人を知り、地方行政を知り、愛着ももち、幅広くいろんなことを考えるようになります。私なんかも、箕面市役所で仕事をしていた頃、「国で仕事をしていたときの方が、自分の視野が狭かったなぁ」と反省することしきりでした。
そういえばですが、当時、もっと箕面市役所で仕事を続けたいと思い、市長に「任期を延長してほしい」と願い出たこともありましたっけ。実現は難しかったですが・・・。

国の役人でも、かなりの高齢になってから、そういう道を歩まれる方もいます。ですが、伊東さんにせよ、私にせよ、まだまだ余生を送るような年ではありません。全力で力いっぱい仕事ができる今の自分の時間を、どういう仕事に懸けたいか。
私もそうだったように、伊東さんも、国で仕事を続けるのか、愛着ある地域での仕事に懸けるのか、たぶん悩んだ時期があったと思います。その悩みを乗り越えた理由は、ただただ、地域への愛着と、懸けたい仕事を見つけたという思い。

箕面市役所で何年も仕事をさせていただいたことが、人生を考えるきっかけになったし、今の自分の原動力になっています。

余談ですが、そんな意味でも、実はちょっと嬉しかったのは、「箕面市長選 元職員の倉田氏、立候補を表明」という毎日新聞インターネット版の見出し。とかく「国出身」とか言われることが多いなか、「元(箕面市役所)職員の倉田」と書かれたのは、個人的にちょっと嬉しかったことでした(本人しか気づかないマニアックな喜びですが・・・。)。
posted by 倉田哲郎 at 16:15 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月27日

綺麗な庭と綺麗な公園

20080427223428.jpg箕面市役所で仕事をしていたときの友人(というより大先輩ですが)のそのまた仲良しさんのお宅にお邪魔しました。
庭が緑いっぱい花いっぱいでびっくり、特にちょうど開いていた牡丹の見事なこと。近所の公園を綺麗にすることにも積極的に関わって(というよりご自身で作業されて)いて、こういう方々の努力が随所にあって、箕面のまちが気持ちよく保たれているんだと改めて実感。もちろんボランティアです。
公園の池では、バン(鷭)という鳥が5羽のヒナと一緒に遊んでました。いやまたそのヒナがかわいいです(小さいし動くのでうまく写真には撮れませんでしたが)。とっても良い環境です。唯一、心なくペットボトルが捨ててあったのが残念。

行動する市民の多さでは、箕面は有数のまち。そして、市役所がそれをどれだけ柔軟にサポートできるか、できているのか、常に振り返りながら市役所の動きを改善していくことが重要だと思っています。
posted by 倉田哲郎 at 22:43 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月26日

川上加津子さんの激励会

080426.jpg今日は、川上加津子さんの激励会がサンプラザ8Fであり、参加させていただきました。
川上加津子さんは、1984年から実に20年以上、箕面の小学校で子どもたちを教えてきたベテランの先生で、今年の3月に意を決して退職、8月の市議会議員選挙にチャレンジします。

ホームページにある「直球勝負!」のフレーズのとおり、ものすごくまっすぐな方で、今日の挨拶のなかでは、これまでの仕事やお世話になった方々への思いに涙ぐみながら、箕面の子どもたちへの想いを熱く語っていました。
今日の激励会には、昔の教え子も含めて幅広い世代が集まっていました。

箕面が「子育てしやすさ日本一」という特徴をつくっていくためには、「教育」への注力は欠かせません。実際に学校現場で子どもに接し続けてきた川上加津子さんが、市議会にチャレンジし、市政にモノを言っていくというのは、非常に歓迎すべきことですし、非常に貴重なことです。

川上加津子さんとは、箕面のまちづくりという新しい仕事にチャレンジするため、意を決してそれまでの仕事を退職したこと、そして、偶然にもその退職日(3月31日)も、倉田哲郎とまったく同じです。当然ながら、その心境も同じ。
これから、川上加津子さんと一緒に戦い抜き、そして、一緒に箕面のまちづくりに全力投球です。

※写真は、川上加津子さんと、激励に駆けつけた箕面の前教育長の仲野公さんと。
posted by 倉田哲郎 at 22:10 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月23日

伝えたい想い(新聞記事の補足も含めて)

昨日の記者会見を受けて、今朝の新聞各紙は、今年8月の箕面市長選挙へのチャレンジについて取り上げていただいていました。
記者会見では、いくつかのポイントをお話しましたので、その中から新聞社ごとに少しずつ違う部分を切り出して記事にされたようです。例えば、毎日新聞さんは「子育て日本一」という柱を取り上げていただいていました。産経新聞さんは「緑を守る」という柱を取り上げていただいていました。
せっかくですのでこうした記事に加えて、伝えたかったことなども少し書いておきたいと思います。

まず、なぜ箕面で仕事をしたいと思ったかです。

私がもともと就職したのは国だったわけですが、出向という形で箕面市役所に来させていただいたのが箕面との縁のはじまりでした。当時の私は国の仕事しか知らず、箕面市役所での地方自治の最前線という仕事には、衝撃を受けたというのが正直な感想です。市民との距離の近さ、市民生活全般を支えるという仕事の幅広さ、直接市民と接しているがゆえの責任の重さ、市役所だけでなくいろんな主体が協力してはじめて地域全体が支えられるという地方自治の現実、どれをとっても(国民から遠い)国の仕事にはないことばかりで、行政で仕事をする身として非常に鍛えられ、「地方自治」という仕事に極めて強く影響を受けたというのが実感でした。

また、当然、その当時は箕面市内に住んでいたわけですが、視界のどこかに必ず山や自然が入っているという安堵感、空の広さ、街の穏やかさ。それにもかかわらず、大阪市内・新幹線・飛行機への好アクセスといういろんな意味での暮らしやすさ。大阪に少しでもいたことのある人は、みんな「箕面っていいとこだよね」といいます。それはまさに住んで納得です。さらに、知り合った方々の人のよさ、仕事だけではなく趣味やボランティアも含めた活発な活動をされてる方の多さ(行政的には「市民活動」と呼ばれてますが)、人のつながりなど、「箕面っていいとこ」という理由なんて、あげだしたらキリがありません。

仕事の面でも、生活の面でも(そしてもちろん、箕面で家族ができたという縁もありますが)、箕面の地に愛着をもつのは(周囲が思うより遥かに)自分にとってはとっても自然なことでした。
この2年間、箕面を離れて東京の総務省で仕事をしていましたが、その間も、箕面のことはずっと意識のどこかにあり、みんなどうしてるのかなぁと気になり続けていました。だから、「箕面で仕事をしないか?」と声をかけられたときは、驚きとともに、素直に嬉しく光栄でした。もちろん、国の仕事を辞めることについて悩んだ時間はありましたが、最後は自分のなかの箕面への愛着と地方自治へのこだわりが強く勝る結果になりました。箕面でしっかり腰を据えて、地域をもっと素晴らしいものにし、次の世代へ引き継いでいく、そんな新しい仕事に飛び込んでみたい、そう決意して、今に至っています。

そこで、基本的な考え方です。

箕面は、日本第2の大都市圏である大阪のこれだけ近郊に位置しながら、緑豊かな山々という自然を抱える、極めて恵まれた立地の住宅都市です。古くから行政・市民が協力して、ハード・ソフト両面で先駆的な取り組みが展開されてきました。これらの好立地や積み重ねは、明らかに他市に優る箕面の特徴だと感じています。
これらの特徴を強く伸ばしていくことが、街の活気につながり、また、対外的にももっとブランド力のある地域にしていくことだと思います。そういう街づくりを展開して、次の世代に自信をもって地域を引き継いでいきたい。そう考えています。
そのために、今、強く打ち出す“柱”としては、子どもを育て、緑を守ること。
そして、この“柱”を支えるとともに、多面的に効果を広げていく重要な取り組みとして、「地域内が支えあう安心感を涵養すること」、「変化を恐れない元気印の市役所がそのエンジンとなること」、これらがセーフティネットと原動力になると考えています。

“柱”について、補足しておきます。

これからの箕面市が抱える課題として、高齢化の問題は避けて通れません。特に住宅地である箕面にとって、街全体が高齢化し、誰も支える人がいなくなってしまうようなことがあれば、それは極めて深刻な事態です。
短期的な対策として、こうしたいわゆる“弱者”へのきめ細かく優しい市役所の福祉体制を整えることは必須です。ですが、それだけでは抜本的な解決にはなりません。抜本的な解決策は、これから中高年以上の世代をしっかりと支えていくことのできる、子どもと子育て世代を思い切って増やしていくこと。これが住宅都市である箕面にとって、今、不可欠の要素です。
少子化対策とは、実は最も有効な高齢化対策です。そのためにも、思い切って、子育てのしやすさでは日本一という特徴を箕面で打ち出したいと考えています。

また、なによりも箕面を箕面たるものにしているのは豊かな自然。緑を守り、自然を守ることが、結果として、暮らしやすい街をつくり、また、都市としてのブランド力を向上することになります。
住んでいる人が暮らしやすいと思えるような、緑豊かな住環境を守り育てていくこと。そして、今でも「箕面っていいよね」と言われますが、もっと羨ましがられるような街づくりをすること。街の美化も含めて、緑を守り、緑と共存した暮らしやすい街の特徴を伸ばしていくこと。箕面の最も基本的な特徴である「緑との共存」に、じっくり腰を据えて取り組んでいきたいと考えています。
(ちなみに、産経新聞が「緑を守り、共有へ」と記事にされていましたが、コレ、“共有”ではなくて“共存”とか“共生”とか言ったのを、記事にしたんだと思います。)

では、これらが絵に描いた餅かどうか?です。

こうしたやりたいことばかりを語っても、それを実現するには財政課題を直視しないわけにはいきません。どこの市町村も厳しい財政状況は同様です。ただし、その財政課題も、市町村によって内容はいろいろだったりします。
それでは、箕面市の財政課題の特性はなにか。それは、経常収支が100%を大きく上回る、つまり、経常的に赤字であるという課題です。この点について、現在の市政運営下では解決の目途は見えていません。それもそのはず、現在までの箕面の市政運営は、極めて「総花的」で、どのサービスも全国の標準か、標準より少しいいくらいというもの。結果として、支出は少しずつオーバーフローし、かつ、全体として政策的な特徴は薄れている、そんな状態にあります。
私は、「総花的」な行政運営から脱し、先ほど例示したようないくつかの特徴を中心に、“まず特徴ありき”から支出構造を改めて再編成していきたい。強く特徴づける部分をまず中心に据えて、財政的に積極的に力を入れる部分と、その代わりに少しずつ縮減する部分と、しっかりとメリハリをつける特徴ある行財政運営をしたい。その再編成のなかで、全体としての収支バランス(財政課題)は、緩やかに解決可能と考えています。
なぜ緩やかに解決可能か?それは、多くの市町村の財政課題が「赤字の累積」であり、すでに体力が失われてしまっている状態なのに対して、箕面の財政課題はその手前の「収支バランス」であり、体力がまだかろうじて残っている状態だからです。
体力の残っている箕面だからこそ、強く特徴を打ち出し、その理解を得ながらメリハリをつけることで、少しずつ収支バランスを均衡させていくというアプローチが可能です。普通の市町村ならば、そもそも体力が失われているため、すべてを縮減していくか、借金を増やしていくかしか道はありません。
なお、「体力がまだ“かろうじて”残っている」と書いたのは、その体力の代表例である基金(箕面市の貯蓄)が、この4年間で、約200億円あったものが約100億円にまで半減してしまっているからです。このままでいけば、次の4年後にどうなっているか先は見えてしまっていますが、今の段階ならば、まだ再編成が可能です。

それでは、その実行力はどこから生まれるか?です。

橋下知事がなぜあれだけの思い切った取組ができているか、それは府民の支持が背景にあるからです。
箕面市がこのように特徴を強く打ち出していくことができるか否か、その審判がまさに市長選挙です。市民の方々の支持がバックグラウンドになければ、思い切った行政運営はできません。市民の方々の支持を得ることではじめて強い実行力が現実のものとなります。
自分にとって、市長選挙は、従来の総花的な市政運営であるべきなのか、それとも、新たに特徴ある市政運営により財政課題も同時に解決していくべきなのか、その2者択一の政策選択の場だと感じています。
特に、この8月の箕面の選挙は、市長と市議会の同日選挙です。議会の支持もなければ、結果として「実行力」は伴いませんので、まさに箕面の命運を左右する極めて重要な選挙となります。この想いが説得力をもって実現するよう、箕面の未来のために全力を尽くしたいと心に誓っています。

なお、現在、マニフェストの作業も進めています。
具体策はそのなかで組み立てていくつもりです。

行政は評論家ではありません。
国にせよ地方にせよ、現実的に、実行力をもって、社会をもっとよくする、地域をもっとよくするための存在だと信じて仕事をしてきました。そして、これからも。
その想いを胸に、がんばりたいと思います。
posted by 倉田哲郎 at 15:53 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月22日

箕面市長選挙チャレンジの記者会見

豊中の記者クラブさんにお時間をいただき、記者会見をしてきました。今年8月の箕面市長選挙へチャレンジする決意についてご報告したものです。

記者会見というのも初めての経験ですので、正直、緊張しましたが、一生懸命お話をさせていただきました。少しでも箕面への想いが伝わるといいなと思っています。
posted by 倉田哲郎 at 21:47 | TrackBack(1) | 活動日誌

2008年04月21日

友だちづくり

先日、ちょっと人にお願いして、同世代のメンバーと同席しました。

箕面市役所では確かに数年仕事をしてましたが、当時は市役所内を除いて、仕事柄、同じ世代の人と外で出会う機会が少なかったのです。このため、今回、箕面に戻ってはきましたが、密かに友だちできるかなぁという心配が頭の片隅にありました。

・・・ですが、それはまったくの杞憂でした!

育った土地は違えどやっぱり同世代。過ごしてきた時間、流れていた時代はもちろん一緒です。全員が箕面ネイティブというわけでもなかったこともあり、微妙な土地柄の違いとかで盛り上がってました。
ほかにも、子どもが同い年で、同じ小学校校区に住んでいることが判明した人がいてたり(笑)。将来は一緒にPTAですね。

仕事とは無関係に、こうやって近い世代の友だちが横展開していくといいなぁと思います。いろんなところでできる人の縁。大切にしていきたいです。

さて、明日22日、豊中記者クラブにお願いをして、記者会見を予定しています。
posted by 倉田哲郎 at 16:45 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月19日

神代しげちかさんの後援会

今日は、神代しげちかさん(神代繁近さん)の後援会の会合にお邪魔しました。
神代しげちかさんは、8月の市議会議員選挙へのチャレンジを決めています。ブログ「愛してます!箕面」を読んでいただければわかりますが、今回のチャレンジよりも遥かに昔から、箕面をよくするためにいろんな活動を展開されており、箕面への熱い想いをもっている方です。
この8月まで、そして、8月以降も、神代しげちかさんとがっちりと信頼関係を結び、地域のために全力で一緒にがんばっていくつもりです。
posted by 倉田哲郎 at 23:55 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月17日

引っ越し

20080417122040.jpgやっと荷物の搬入が終わりましたが、片付けはまだまだかかりそう。子どもも見慣れぬダンボールの狭間でご機嫌にしてます。

それにしても、住むところが決まってようやく落ち着きました。
久しぶりに住む箕面はやっぱりいいところ。以前、市役所にいたときは箕面にいましたが、今度は白島に引っ越してきました。どこに住んでも視界のなかには山と緑。この住環境はとってもいいですよね。

昨晩は、移動に疲れたせいか、箕面の夜が静かなせいか、子どもが長い時間グッスリ寝てました。
posted by 倉田哲郎 at 12:47 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月11日

メイプル大集会(箕面再生市民の会)

ブログの更新がのんびりしてしまってますが、今週は、7日(月)から、箕面でひたすらいろんな方とお会いしていました。
その今週を締めくくる一大イベントとして、今日19時からメイプルホールで、箕面再生市民の会が「倉田てつろう(さん)を迎えて」という会合をセットしてくださいました。

冒頭、箕面再生市民の会の会長から力強いご挨拶をいただき、その後、プロフィール紹介。用意していただいていたプロフィール紹介のスライドは、正直、結婚式みたいでちょっとこっぱずかしかったですが、わざわざ手作りで準備していただいたとのこと、嬉しかったです(本当にありがとうございました)。

080411.JPG会場はメイプルの大ホール(客席:501席)だったのですが、出番を待っている間、舞台の袖からは前の方の座席しか見えないため、どのくらいの方が来られているのかわかりません。
ところが、いざ、名前を呼ばれて壇上に出てみたら、座席は満席で、立ち見が出口まで溢れている状態。正直、びっくりするとともに、感動です。
一応、挨拶メモは用意していたのですが、そんな驚きと感動のなかで話し始めたら、とてもではありませんがメモなんて関係なく、脱線・脱線・脱線。箕面への想いとして、伝えたいこと、思っていることをひたすら話して、なお、話し足りず、思いばかりが先走るような勢いになってしまいました。

続いて、今回のチャレンジを心に決めてから知り合った、同い年や同じ干支(寅年)の市民の方4人から、それぞれに応援メッセージをいただきました。応援メッセージも、1人最大3分と聞いていたのですが、みなさん熱くて時間オーバー気味(笑)。
それぞれ違う仕事をしているけれど、同世代の方々ばかりで、いただいたメッセージはすべて同じ気持ちの等身大のものばかりでした。これまた心強くて感動。

さらに、箕面再生市民の会の事務局、そして、前市長からもご支援のお話をいただきました。このお二人は、さすがは人生経験の差、熟練の持ち味で、しっかりと会場の笑いもさそいながらメッセージを展開されていました(見習わないと・・・)。

そして、今回、箕面のために一緒に頑張ろうという7人の新メンバーの紹介。
 ・いなの一三さん
 ・いんどう文雄さん
 ・神代しげちかさん
 ・川上加津子さん
 ・坂本直樹さん
 ・中井ひろゆきさん
 ・永田よしかずさん
バックグラウンドはそれぞれまったく異なりますが、箕面への強い想いは同じ。壇上で一人ひとりご紹介いただき、それぞれと固い握手を交わしました。

3月末に思い切って総務省を退職し、箕面でがんばろうと心に決めて過ごしてきました。4月に入ってたったの10日余りしか経っていませんが、新しいチャレンジに飛び込んではみたものの、正直、不安な気持ちがあったことも否定しません。
でも、今日の会合は、そんな不安を笑い飛ばすかような、たくさんの勇気をもらうことができました。笑いもこぼれる楽しい会合で、終わってからもロビーでの余韻は長く、これから、たくさんの人たちと心を一つにしながら、まっすぐ、力いっぱい進んでいくことができると、自信と感謝を新たにしました。

posted by 倉田哲郎 at 23:49 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月06日

大阪行きの準備

引越し準備のため、ダンボールの山に埋もれています。
やっと、名刺もできました。

東京では4月に入ってからも、たくさんのお世話になった方々に送り出していただき、大変感謝です。特に、社会人になってすぐの頃、いろいろと(当時はご迷惑をおかけしながらも)育てていただいた方々には、きっちりと活動成果のご報告をできるように、がんばります。

明日から、大阪に戻ります。
posted by 倉田哲郎 at 11:30 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月03日

探し物は、社員の中にあります。

雑誌をめくっていて目をひいたのが、マイクロソフトの広告。
大きく、
探し物は、社員の中にあります。
そして、その下に、
彼らは、すでにアイデアを持っています。最新のテクノロジも、生産性アップの方法も、チームワークの育て方も知っています。探しものは、あなたの会社の中の、人の中にあるのです。
・・・だから、それを情報化するマイクロソフトのシステムを買ってくださいよ、というアピールのCMなのですが、その宣伝の方はともかくとして、「探し物は、社員の中にあります。」というこのキーワード、まったくそのとおり。

私自身、組織の一員たるサラリーマンとして仕事をしてきた実感ですが、長年、仕事に携わってきている職員には、それぞれの担当分野について知恵も想いもあります。それら個々の職員の力が最大限に引き出され、有機的につながったときに、組織は底力を発揮します。
一方、それらが全然引き出されないようなら、それは、「ただ人がたくさんいる」というだけで、はっきり言って「組織」である意味すらありません。

そして、職員も人間です。その力というのは、思いつき程度の“かけ声”をかけられたくらいで引き出されるものではありません。いろんな仕掛けをして、終始一貫した姿勢があって、はじめて少しずつ、知恵や想いが表にでてきます。
それが育つことによって、知らず知らずのうちに、傍目には「組織変革」として見えることになります。だからこそ、「探し物は、社員の中にあります。」なのだと思います。

市役所もまったく同じこと。

重要なのは、個々の職員が前向きでいられるかどうか、そして、組織が一丸となって仕事にあたれるように、全体として機能するか否か。そのレベル次第で、市役所が市民に還元できる成果は、“天”と“地”ほど開きます。

小さな変化を随所に仕掛け、個々の職員の力が引き出されていくことで、結果として、より大きな「変革の波」が生まれていく。
もともと行政組織に「一職員」として身を置いていた者として、その経験と想いも活かして、粘りづよく、“天”の組織を目指したいですね。
posted by 倉田哲郎 at 22:36 | TrackBack(0) | 活動日誌

2008年04月01日

じりつ(自律・自立)

今日から、自由人(笑)です。
考えてみれば、3歳頃に幼稚園に入って以来、なにがしかの組織に身を置いていたわけで、まったくフリーというのは物心ついてから初の経験ということになります。

どういう気分なのだろうと思っていましたが、やるべきことは定まっていますし、それほど何か感覚が変わるということでもなく。

ただし、これまでは、周囲のタイムスケジュールにあわせていわば他律的に社会生活を送っていたのが、これからは、物事の優先順位からスケジューリングまで自律的にコントロールしていかなければならないこと。これは意識して自戒しておかないと、安易な方向にいってしまいますね。

さて、東京にいる残りの短い期間で、できるものからどんどん準備していかないと。名刺とかホームページとか、そういう基礎的なものもそうですね。
posted by 倉田哲郎 at 23:33 | TrackBack(0) | 活動日誌
プロフィール
名前:倉田哲郎
誕生日:昭和49年(1974年)6月7日
ブログ:http://blog.kurata.tv/
こんにちは。箕面市長の倉田哲郎です。大阪府箕面市で地方自治を全力でドライブ。どうぞよろしくお願いいたします。

・詳しいプロフィールはコチラ
リンク集
つぶやいてます・・・(Twitter)
記事検索 & QRコード
記事検索
QRコード(携帯で読めます)

http://kurata.info/
(倉田哲郎 Web Site)
最近の記事
07/21 箕面市長選挙にむけて(その2)
07/21 箕面市長選挙にむけて(その1)
03/25 箕面市の新年度(H28)予算
03/11 東日本大震災から5年
01/03 消防出初式2016
08/02 消防訓練大会〜消防団・上止々呂美分団の勇姿
07/26 箕面まつり2015
02/25 箕面市の新年度(H27)予算案
02/08 「大阪都構想:知っていてほしい7つの事実」をマジメに考える
02/05 ニュージーランド・ハット市を訪問
01/12 華やかに成人祭2015
01/03 消防出初式2015
08/31 箕面大瀧〜8年前の風評被害
07/28 箕面まつり&キャンドルロード2014
06/25 箕面市役所の公務員制度改革
06/19 住みよさランキング2014〜箕面市が3年連続で大阪1位!
03/31 決着〜北大阪急行線の延伸の事業化合意
03/27 箕面市の新年度(H26)予算
02/12 北大阪急行線の延伸〜2020年度の開業にむけて
01/03 消防出初式2014
最近のトラックバック
未来の話をしよう。〜原発とか政治の役割とか by 黒木町日記(12/21)
箕面都市開発株式会社のこと by 西宮市議会議員 しぶや祐介の活動日記(10/29)
乗れば乗るほど便利になる“オレンジゆずるバス”! by おさかなバス資料館 blog ver.(09/07)
続・「大阪“都”構想」をどう思う?〜大阪市長平松邦夫さま by 堺市の賃貸不動産屋で働く、営業マンの日記(06/24)
箕面市「営業課」 by 宇和島研究(04/06)
“関西3空港問題”と“北大阪急行の延伸”と? by 雑感日記(02/13)
今日から「みのお市民ツリー」〜50メートルの巨大ツリー by ゴリモンな日々(12/24)
地方分権の一つの姿〜2市2町の広域連携 by 雑感日記(12/19)
食堂っ!やりました! by さるとる ファイト! 三木市が大好き!!(12/06)
いろいろ募集 by 宇和島研究(10/25)
Linuxで大量の中古PCを再利用にトライ! by welcome to kumamo.to(10/16)
Linuxで大量の中古PCを再利用にトライ! by Buchikoのブログでし。(10/16)
「箕面」を伝えるために by 何か楽しいこと創る社長のウェブログ(gooブログ)(08/07)
箕面森町“親子体操教室&子育て交流会” by 森のひょうたん♪箕面森町(みのおしんまち)(06/13)
トンネル料金の“値下げ”トライアル by sunny's つれづれ日記(05/06)
ブチョーブログ by 森のひょうたん♪箕面森町(みのおしんまち)(04/05)
箕面の小中学校課外授業への塾講師派遣 by 雑感日記(01/14)
行財政改革“ゼロ試案”の公表 by さるとる ファイト!(12/16)
学校の授業風景と“夜スペ”藤原先生の来訪 by Starlight/旅行記を写真と文章で綴るブログ(11/13)
ブログのチカラ by 雑感日記(10/16)
いろいろ
倉田哲郎プロフィール
リンク集
写真集@GoogleMap
倉田哲郎 on Twitter
Twitter過去ログ(〜2012.10)
Twitter過去ログ(2012.11〜)
箕面の情報とか
箕面市役所
撮れたて箕面ブログ
部長ブログ@箕面市役所
みのおドットネット(まちの情報箱)
箕面市役所edubuntu日記
箕面情報@日本ブログ村
よくチェックするブログとか
三条市長日記
武雄市長物語
箕面市役所公式ブログ(最新)
言葉で伝える技術を競う!
箕面ライオンズクラブ様からさつまいもを…
11月25日(土曜日)第42回箕面市農業祭が…
箕面船場ライオンズクラブ様から、運動遊…
「平成29年度全国中学校体育大会第48回全…
箕面グリーンロードトンネルで合同防災訓…
ゆず収穫・剪定サポーターが活躍中!止々…
第29回全国中学校体育大会第57回全国中学…
今年もできました!箕面キャラクター年賀…
箕面でキウィの体験
部長ブログ@箕面市役所(最新)
青少年弁論大会とEnglish Expression Con…
「SG第32回THE GRAND PRIX」開幕まであと…
お待たせしました!!この週末は紅葉が見…
「ごみ減量フェア」と「マイバックキャン…
病診連携懇話会・懇談会
心のこもったご寄附ありがとうございまし…
11/26 パトカー・消防車が大集合!
下水道マンホールの鉄蓋について
深まる秋の監査メニュー 〜監査委員交代…
この秋の箕面の紅葉の楽しみ方
みのおドットネット(最新)
明治の森箕面国定公園の写真展、11月26日…
90歳になっても元気で過ごせる「ココロと…
今年も大盛況!多民族フェスティバル2017
平成29年度 豊能地区3市2町合同防災訓練
11月26日まで、紅葉ライトアップしていま…
第35回箕面市青少年弁論大会
第7回箕面市民ゴルフ大会、開催!
自転車事故の衝撃をプロのスタントマンが…
山とみどりのフェスティバルが開催されま…
箕面にプロレスがやって来た!
10月10日は「箕面富」
箕面市議会 地域別意見交換会が行われます
小学生が歯ブラシ「MISOKA」へ社会見学
ムジカリベロのハロウィンコンサート
箕面市内各地で敬老会が行われました!
かやのお宝人権まつり
第60回箕面市民展、11月5日(日曜日)ま…
第29回生涯学習センターまつり〜まなび・…
箕面の森アートウォーク2017で巨大絵画の…
多世代交流第5回軽音グランプリ
過去ログ
2016年07月(2)
2016年03月(2)
2016年01月(1)
2015年08月(1)
2015年07月(1)
2015年02月(3)
2015年01月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(1)
2014年06月(2)
2014年03月(2)
2014年02月(1)
2014年01月(1)
2013年12月(3)
2013年08月(1)
2013年06月(1)
2013年03月(1)
2013年02月(2)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年10月(2)
2012年09月(2)
2012年08月(3)
2012年07月(1)
2012年06月(1)
2012年03月(1)
2012年01月(1)
2011年12月(2)
2011年11月(1)
2011年10月(4)
2011年09月(5)
2011年08月(1)
2011年03月(1)
2011年01月(1)
2010年12月(1)
2010年11月(1)
2010年10月(4)
2010年09月(2)
2010年08月(4)
2010年07月(2)
2010年06月(3)
2010年05月(4)
2010年04月(7)
2010年03月(4)
2010年02月(5)
2010年01月(6)
2009年12月(7)
2009年11月(9)
2009年10月(12)
2009年09月(9)
2009年08月(12)
2009年07月(13)
2009年06月(12)
2009年05月(11)
2009年04月(9)
2009年03月(10)
2009年02月(6)
2009年01月(8)
2008年12月(9)
2008年11月(10)
2008年10月(14)
2008年09月(15)
2008年08月(9)
2008年07月(5)
2008年06月(5)
2008年05月(9)
2008年04月(13)
2008年03月(6)
このブログどこから見てる?

ジオターゲティング